タダリス 副作用

タダリスの作用

タダリスはタダラフィルという成分を含んだ薬です。

 

 

タダラフィルは体の中で環状グアノシン一リン酸と呼ばれるものの分解をする、5型ホスホジエステラーゼと呼ばれるものの酵素の活性化を防ぐ作用があります。

 

 

この作用が陰茎の周りの神経に働いて、血管が拡張して、血流量が増えるのですが、このことによって勃起機能が改善します。

 

 

ただ勃起状態になる訳ではなく、勃起するためには性的な刺激が必要です。

 

 

それから、性欲が増進する効果はありません。

 

 

上記のようなタダリスは性行為の1時間前に1日1回1錠だけ服薬するもので、その効力は36時間と長時間にわたって続きます。

 

 

また、食事の影響を受けませんから、食後や空腹時、いつ服薬しても良いです。

 

 

なおもし効果がなかったとしても、何錠も服薬しないでください。

 

 

その副作用についてはその血管を拡張する作用による、頭痛とほてりくらいです。

 

 

時間が経てば自然に頭痛とほてりは治るでしょう。

 

 

また、「女性用」と書いていないものは服薬しないでください。

 

 

タダリスは病院で医師に処方してもらうこともできますし、個人的に輸入して購入することも可能です。

 

 

輸入する際は輸入代行サービスを利用することもできるので、検討してみてください。